【検証中】使えそうなテクニカル発見!

FX向けの使えそうな独自ルールを検証中。売買の記録をさらします。うまくいけば有料メルマガ化!? だめならひっそりと去ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バックテストの詳細-USDJPY 2003年 

週末ですね。週中は24時間止まらないFXに励んでおられる皆さんにとっては真に休まる時でしょうか。それとも来週の指標発表の確認やファンダメンタルの分析に充てる時間でしょうか。

数日前に発表したUSDJPYのバックテストの結果を少しずつ分析してみたいと思います。

2003年は+1195pipsと好成績でした。内訳は次の通りです。

 全22トレード (ひと月あたり1.8トレード)
 スプレッドを3pipsとすると、スプ分は3×22で66pips。
 これをトータルから差し引くと1129pips。

 12勝9敗1分 (勝率59%)←スプレッド分を引いての勝敗
 勝ち平均:136pips
 負け平均: 56pips

勝率が約6割というのは、テクニカル重視のルールにおいては標準的だと思います。(勝率がやけに高い場合、調子のよい期間だけに焦点を当てていないか確認してみる必要があります。)

その6:4の勝敗の中で、いかに利を伸ばし損を早く切るかがトレードの王道だと考えています。
 
上の結果は、損小利大を実現するために、ルールがうまく機能していることを示していると思います。

2004年以降の内訳も、追って公表いたします。


なんと現在56位です!皆さまのご協力、ほんとうにありがとうございます。
banner_03.gif
スポンサーサイト
[ 2007/02/03 09:43 ] 米ドル/円 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://t0p.blog91.fc2.com/tb.php/9-4cedeb20



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。