【検証中】使えそうなテクニカル発見!

FX向けの使えそうな独自ルールを検証中。売買の記録をさらします。うまくいけば有料メルマガ化!? だめならひっそりと去ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「使えそうなテクニカル」とは 

このブログを訪問してくれる方は、タイトルにある「使えそうなテクニカル」とは何ぞや?と思って見に来てくれるのでしょう。

そして開いてみたら肝心のそのテクニカルについては何も書いていない。拍子抜け。といったところでしょうか。

煽っておいて肝心の部分を隠してしまって申し訳ありません。私としては、サブタイトルにあるようにうまくいけば将来有料メルマガ化という淡い期待を抱いているので、明かすわけにはいかんのです。

まあ私の性格からして、途中で面倒くさくなって結局一人でしこしこトレードするだけにとどまるのではないかとも思っていますけど。

でもせっかく見に来てくださる方がいるわけですから、使えるテクニカル分析について書きたいと思います。


秘密を明かさないならもう用はないぜ、と思った方はこちらから別のためになるブログへどうぞ
 ↓

banner_03.gif 使えるテクニカル分析とは、実はそこらにある普通のよく知られたものなら何でもよいのです。MACDでもストキャスでも平均移動でも。

なんでこれらが「使える」という評価をもらえないのか。いくつかの理由を挙げてみます。

1. 使う側が過度の期待をしている
2. 各分析方法の欠点を補っていない
3. 利益が出る前に使うのをやめてしまう
4. 投資対象(FXの場合、各通貨ペア)との相性を考慮していない

もっとあるかもしれませんが、今すぐに思いつくのはこんなところです。

ブログのネタを残しておくため、今日の所はここまで。それぞれの理由に対する説明は今後の記事で書きます。

では、よい一週間をお過ごし下さい。


たいしたこと書けないクセにもったいぶるな!と思った方はこちらをクリック
 ↓

banner_03.gif
スポンサーサイト
[ 2007/02/12 14:24 ] トレードスタイル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。