【検証中】使えそうなテクニカル発見!

FX向けの使えそうな独自ルールを検証中。売買の記録をさらします。うまくいけば有料メルマガ化!? だめならひっそりと去ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

緊急報告! 

FXを頑張る同士の皆さん、一週間お疲れさまでした。

今日のタイトルですが、こんなタイトルにしても誰も興奮する人はいないでしょう。

しかし一つ新たなことに気づいたので、私自身はちょっと興奮しております。昨日の記事で「明日の記事で分析」と書いた内容を変更してお伝えします。

現在私が有力と見ているルール(テクニカル分析の組み合わせ)は幾つかあるのですが、そのなかでも精度が高いと思われるものと各ペアとの相性を検証しています。

で、USD/JPYはルールAと相性がよく、EUR/USDはルールBと相性がよいことがわかっています。昨日、念のためルールBとUSD/JPYの検証をしてみたところ、やはりルールAの成績には及びませんでした。しかし、Aの成績と見比べてみると、あることに気づいたのです。


長くなりそうで面倒くさいから続きは読みたくない、という方はこちらをクリック
 ↓

banner_03.gif USD/JPYの成績を見てみましょう。

   ルールA ルールB
2003  +1195  + 659
2004  +1235  + 403
2005  + 322  +1186
2006  + 918  + 611 (pips)

なんと、ルールAの成績が悪いときはルールBの成績がよいのです!逆もまた同様です。タイプの異なる値動きに対してタイプの異なるAとBのルールを作ったわけですが、うまく補完しあっているんですね。

二つの手法を同時進行で実行することによって、より安定した運用ができるのではないかと思いました。仮にどちらかがマイナスになってしまいそうなときも、組み合わせることによって差し引きゼロぐらいにはしてくれるのではないでしょうか。手法のリスク分散とでも申しましょうか。

というわけで、手間がかかりそうですが、USD/JPYに関してはルールAとBの両方をフォワードテストしていくことにしました。虎穴に入らずんば(後省略)、ということで、ここは思い切ってやってみます。虎穴だと思ったら墓穴だったということにならないよう願うばかりです。


「山田君、座布団もってっちゃって」と思った方はこちらをクリック
 ↓

banner_03.gif
スポンサーサイト
[ 2007/02/10 06:38 ] 米ドル/円 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。