【検証中】使えそうなテクニカル発見!

FX向けの使えそうな独自ルールを検証中。売買の記録をさらします。うまくいけば有料メルマガ化!? だめならひっそりと去ります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レンジ相場 

レンジ相場が続いていますね。トレンド追従型のスタイルなのでレンジではダマシが多くなってしまいます。

そのためレンジの(ように見える)ときはシグナルが出ないような設定にしています。それでも新たに発生するトレンドを逃さないために、どうしてもいくつかのダマシに会ってしまうのは避けられませんが。

EUR/USDが逆方向ですね。もう少しでドテンのシグナルがでるかもしれません。

まだあまりデータは集まっていませんが、そろそろ今年の現時点での成績をまとめてみたいと思います。


保有中のポジション
2/22 EUR/USD 売り 1.3137


年度末で下値余地拡大か?と思う方はクリック
 ↓

banner_03.gif
スポンサーサイト
[ 2007/03/20 04:47 ] トレードスタイル | TB(1) | CM(2)

有事の流血 

米国海軍特殊部隊(SEAL)の標語に、
"The more sweat in peace, the less blood in war."
というものがあります。

意訳すれば、「平時の汗は有事の流血を減じる」といったところでしょうか。通常時に訓練に励んで多くの汗を流せば、有事に受ける負傷を減らすことができるという意味でしょう。

これはまさにトレードにも当てはまると思います。


お説教くさい話はいやだ、という方はこちらをクリック
 ↓

banner_03.gif

続きはこちら
 ↓
[ 2007/03/06 21:30 ] トレードスタイル | TB(0) | CM(3)

底打ち?それとも調整? 

相場と向き合うには謙虚さが必要だといわれます。この「謙虚さ」、どのように示せばよいのでしょうか。

一つの方法は、あらゆる可能性を考える、ということだと考えています。

今晩多くの方のブログを見て気づいたのですが、下落の底打ちを感じて、改めてロングの検討を始めた方、実際にロングした方が少なからずいるようです。このことについてとやかく言うつもりはありません。実際に底打ちかもしれないからです。

しかし、調整の可能性を書いている人が少ないことには少々驚きました。もしこれが長期の円高トレンドの入り口だとしたら、多少の上げは調整である可能性もあるわけです。

今回の急激な下落を考えると、(もしかしたらあるかもしれない)調整後の下落もそれに応じた勢いがあると考えられます。よって個人的には、そろそろ買いたい気持ちもありますが、ロングはまだ怖い、早いと感じます。調整でないことを確認してからでも遅くはないと考えます。

底打ちの可能性も検討しつつ、調整である可能性にも備える。円安相場継続の可能性を信じつつも、トレンド転換の可能性も意識に入れておく。これが謙虚さを示す一つの方法ではないでしょうか。

そして考え得るすべてのシナリオに対する自分の対応を考えておくなら、大損害を避けるトレードができるのではないでしょうか。


これ以上の下げは正直言って勘弁してくれ、という方はクリック
 ↓

banner_03.gif
[ 2007/03/06 02:51 ] トレードスタイル | TB(0) | CM(3)

下落はどこで止まる? 

前々回の記事で、下げは三段階までありうる、という話を書きましたが、そのソースの一つを見つけたので記しておきます。

相場生活入門 FXと株で生活中」というブログの、2006年10月19日の記事でした。(ページの中程です)

さて、三段階の可能性を今回の下落に当てはめてみると、現時点では第二波もしくは日柄的にまだ第一波の時点と考えられます。

もちろん、この「三段下げ」の動きも、単に可能性が高いというだけで、いつも起こる保証はありません。しかし可能性として頭にいれておいて損はないでしょう。買い方針の方なら買い場探し、売り方針なら調整時狙いの売り場探しに参考になるかと思います。

それにしてもポンドの動きは激しいですね。


まずは損きり場探しをしなくては...、という方はクリック
 ↓

banner_03.gif
[ 2007/03/05 10:21 ] トレードスタイル | TB(0) | CM(3)

スワップ派は賢明な道? 

今回のような下げ(暴落と言うには早いと思います)があると、スワップ派の方々の悲鳴が聞こえてきます。

スワップ派でいくのはあまり賢明ではない、というのが私の意見です。しかし完全に否定するわけでもありません。


長くなりそうで読むのが面倒だ、と思った方はクリック
 ↓

banner_03.gif

一応読んでみるか、という方は続きをどうぞ
 ↓
[ 2007/03/04 05:53 ] トレードスタイル | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。